日本のくずがやらかした!

アメリカ, 人気記事|2015/07/13 posted.

広告



【州政府・南アパラチア保護局の夢:日本からの外来種の駆除】

 

DSC_1091

6月30日~7月3日までSouthern Appalachian Highlands Conservency’s Community Form
7月7日~7月10日までチムニーロックで外来種の駆除を行っていました。

日本からの外来種です。スイカヅラやツリーオブヘブン、そして一番大きな影響を及ぼしていたのは「くず」です。

 

くずの被害をまとめたサイト見つけました。

 

活動した地域でもくずは大変なことになっていました。

 

010

 

11733341_802498836530752_1026512751_n

 

後ろにあるのは全部くず!

使ったのはこの道具↓↓↓

 

CJlyvHtVEAAYDw3

11749497_802498859864083_1384824820_n

 

 

 

 

 

あれ、見たことある。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーマ○オサンシャイン!!

 

20120902162636

 スーパーマリオサンシャインより引用
(C) 2002 Nintendo

 

どうしてくずなど日本からの外来種を駆除しなければならないかというと、そのせいで固有種の水分や日光が奪われてしまい生態系が崩れるからだそうです。

またくずを食べる動植物がそこには存在しないようで、どんどん広がってしまいます。

 

 

 

へびとかハチがいる場所で、背中に重い物体背負いながら日本からの植物と戦っていました。

 

2週間のうち1週間はテント生活。

蚊に合計30か所ぐらい刺されて、泣きそうです。

 

 

日本人がアメリカで日本からの植物を取り除く。

これって考え方によってはすごい意味があると思いませんか?

 

くずって「秋の七草」のひとつですよ。

 

 

 

すごい体力的にきつくて1日9時間ぐらい寝てました。

 

 

11693125_10207188776468628_357006334_n

 

 

 

 

 

そして、最終日に登ったチムニーロックからの眺めは最高でした。

 

 

003

11692619_10154051643869097_628407452750776147_n

 

 

 

来週そして再来週も違う場所ですが、活動は続きます。

帰国は日本時間の7月27日です。あと2週間。
州政府・南アパラチア保護局5人の夢を叶えました。現在26/100人の夢を叶えました。

↓いつも応援ありがとうございます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

 

 

Twitterもよければフォローお願いします。